間取に合せたサイズにする事で、デッドスペースを無くす事ができる

業者と緻密な打ち合わせが可能

オーダー家具は業者と緻密な打ち合わせによりオリジナルのデザインと寸法を決めることができるのです。それによりデッドスペースをなくすことが可能になります。例えば、本棚では、階段の下のような狭い隙間があれば、隙間の形状に応じた外観と棚をレイアウトすることができるのです。雑誌や小説など本の大きさに合わせて棚の寸法を自由に決めることが可能ですよ。素材により高級感を出すことができますし、色を部屋のカラーにあわせることができるため自分のコンセプトを表現することが可能になります。

業者のテクニック次第では、スライド機構をつけたり、極力板の厚さを薄くする工法でよりスペースを有効活用することを実現してくれます。打ち合わせをして比較検討することがポイントです。

リフォームの時に行うと部屋のイメージが大きく変わる

オーダー家具として購入するのではなく、リフォームをするときにオーダー家具の検討をすることで部屋のイメージが大きく変わりますよ。例えば、棚の高さを天井まで延長することで収納スペースが拡大します。家具を廃止して壁にその機能を取り付けることで無駄なスペースがなくなり、床面を最大限に活用することが可能となります。さらに、ロフトなどの中間の天井を設けることで収納や間取りを増やすことができます。こうすることで部屋のイメージが大きく変わるのです。

業者と打ち合わせしながらデザインしていくので、愛着がわいたり人を招きたくなるような気持になり気分が変わってきます。いろいろな事例を参考にして検討することがポイントです。